【女性のケア、コンディショニングについて】

 

理学療法士としての病院勤務時代、

産婦人科にかかる女性のリハビリに携わった経験があります。

 

担当させていただいた産前産後の女性の中には、

思い描いたマタニティライフとは異なる入院生活や

身体の不調が常に付きまとう苦しさ、辛さを吐き出してくださった方がいます。

 

そして、病院に行かずともこのような身体の不調を

「妊娠しているからしょうがない」と

当たり前に思ってしまっている女性が多いということに気が付きました。

 

そのような経験から、

 

女性にとってとても大切な妊娠・出産というライフイベントを

心から楽しめずに過ごしていらっしゃる方を少しでも減らしたい、

治療が必要となる前の段階から女性の身体を整えるサポートをしたい

もっと気軽に悩みを相談できる場所をつくりたい

 

と考えるようになりました。

 

女性が女性であることを楽しめるように、

女性であるからこそ感じられる充実感を得られるように、

女性である前に一人の人として自分自身をもっと好きでいられるように、

 

私は、そのきっかけ作りと継続したサポートをさせていただきたいと思っています。

 

 

【ピラティスについて】

以前の私は自分の身体が好きではなく、コンプレックスがありました。

 

いつも人とばかり比べる自分がいました。

そんなとき、ピラティスと出会いました。

 

ピラティスを通して自分自身と向き合い、

自分を認めることができるようになってきました。

 

私は私でいいんだ。

そんなことに気付けた気がします。

 

自分の身体に目を向けて、少しずつ整えていくと、

これまで悩んでいた腰痛やPMS、肩こり、首こりが自然となくなっていきました。

 

身体は正直者です。

 

色んなことを詰め込み余裕がなくなっていると呼吸は浅く、

背骨は硬く動かなくなってしまいます。

 

忙しい毎日だからこそ、身体の深い部分から

じっくり動かしてあげる時間をつくることで自然と心も整ってきます。

 

他人と比べるのではなく、日々、淡々と自分自身と向き合い、

過去の自分との変化に感覚を研ぎ澄まします。

 

これでいい、これがいい。

 

私はそう思います。

保有資格

理学療法士

PHI Pilates MATⅠ&Ⅱコース修了

PHI Pilates propsコース修了

PHI Pilates YURBACKコース終了

米国理学療法士協会認定産前産後コースⅠ、骨盤底コースⅠ修了

経歴

2015 山形の一般病院勤務(整形外科、脳外科、産婦人科、泌尿器科etc)

2019 広島で訪問看護リハビリステーション勤務(小児訪問リハ)

2021 現在山形県にて女性限定サロンを開業

活動歴

2017~  Anatomy & physiotherapy Japanese翻訳メンバー加入

2018 「骨盤底の解剖・触診」「骨盤臓器脱患者、産前産後女性へのPT介入」

   セミナー開催

2018 青森県立保健大学主催 

   地域包括ケア・フォーラム「排泄ケアを考える」シンポジスト

2018 山形市介護予防推進事業「尿もれ予防教室」講師

2020 オンラインピラティスレッスン開始